<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ブルーレシュノルティア | main | トナカイ / WHITE >>

ワイルドフラワーが好きな理由

0

    お花を始めた理由はイヌblogにもチラっと書いていますが、2年半前、そんなこんなで(詳細は省く(((^^;)オーストラリアへ行く事になり、そこでこの花に出会いました。

    正直な所、もともと別にお花に興味はなく、自分でも驚きの選択だったと思いますが、お花そのものよりも「香り」に魅せられているのだと思います。

    「祖先はイヌか?」とよく言われるほど、何かと「匂いを嗅ぐ」癖がある私。
    イヌと暮らし始めてからは特にアロマや柔軟剤に凝っていたので、ソコにピッタリとこのお花がハマったのです。
    いつもお花を触っている時は何度も何度も深呼吸しながら作ります。


    もう一つはこの花から感じる力強さ。
    私も「なんちゃってガーデニング」はする事がありますが、お花の種類ごとに「肥料の対比はいくら」「お水のやり方」「鉢植えの置き場所」などなど、お手入れの細かい事きりがなく、、、そう、とても面倒臭い。
    (けれども立派に咲いてくれると嬉しいのですが...根がマメでないのでそんな喜びを味わう事は少ないです)

    とろこが!このお花の生命力の強い事!スバラシイ!!
    生き残るために変身し続けた姿が愛おしく感じるのです。

    だから私は「お花が好き」というよりは「オーストラリアのワイルドフラワーが好き」なのだなと思います。
    たぶんこのお花を気に入って下さる方も、普通のお花に対する感覚とは違う、私が感じている部分に惹かれるのかなと思ったりします。
    sue * memo * 10:00 * comments(4) * trackbacks(0) * - -

    コメント

    こちらでは初めましてのかずですm(_ _)m

    なるほど〜〜
    そんな理由があったんですね!

    実は勝手に「元々お花が好きでワイルドフラワーも好きになったのかな?」っておもっていました。

    お花の生命力、わかる気がします!

    実は私も元々は「茶色の指」の持ち主。
    お花にも植物にも特に興味は持っていなかったんですが
    ある凹んでた時に、実家の母の鉢の植え替えを手伝っていたら
    その落ち込んだ気分やイライラした気分がふっとんでいったんですよ〜

    その時から「土や花には人を癒す力がある!」って思っています。

    で今はちっちゃな花壇に丈夫な丈夫なハーブを植えまくり。
    夏なんてもうさながらジャングルですけど
    やっぱり見ていると癒されたりするんです。

    きっと感じている事は同じかな?(#^−^#)
    Comment by かず @ 2010/12/24 9:18 PM
    かずさ〜ん!ふふふ。
    はじめまして!(^^)

    「茶色の指」
    うっ。
    サボテンですら枯らす私には胸が痛む言葉です。。。

    「お花を触ると気持ちが落ち着く」のは同じですね。(^^)
    やはりフラワーレメディのように触るだけでもエネルギーがあるのだと思います。
    (オーストラリア・ブッシュ・フラワーエッセンスというのもあるのですよ。)

    かずさんはハーブを育ててられるなんて、立派な「緑の指」です。
    私はムシが死ぬほど嫌い...という致命傷があり、ムシが好むハーブは無理なんです。。。
    「茶色の指」どころか、指があるのか?というレベルの問題です。

    ....それでよくお花を....と言わないでください!

    そう、きっとかずさんと同じ事をワイルドフラワーに感じていますから。(^^)






    Comment by sue @ 2010/12/25 3:10 PM
    匂ってみたい〜
    私も生け花してたとき、
    杉やユーカリ、松などは
    余った部分を、パチパチと切り刻んで、深呼吸してたの、思い出しました!
    Comment by mio @ 2010/12/26 11:20 AM
    そうそう、切ったり手揉みすると香りがより一層するよね〜!

    匂ってみたい??
    ふっふっふ。
    年末か年明けか楽しみにしてて下さい。(^^)
    Comment by sue @ 2010/12/27 1:31 PM
    コメントする









    トラックバック

    このページの先頭へ