<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

無職のワーキングドッグ集合

0

    久々のイヌ友達と遊びました。
    左端のコートランドは友人のお隣のイヌで「こうちゃん」と呼ばれていたから、てっきり「こうたろう」という名前で和犬だと思っていましたが、実はカナダ出身の牧羊犬の血をひくハーディングドックでした。それぞれ左から9才、10才、8才。熟年熟女の集まりです。


    ファンキーのお家はイヌの居ないお家のよう!!
    ラブ飼いの私達では考えられない
    「観葉植物をおかない:食べるから」
    「転倒しやすそうな家具はおかない:なぎ倒すから」
    「ローテーブルの上にモノを置くときは各自責任を持つ:全てをはたき落とすから」
    そんなルールのないインテリアでうっとりしました。
    (もちろんアベーラはその絨毯の向こう側は立ち入り禁止区域です)
    小さい方と過ごすとこんなお家になるのかぁ.....


    こちらがここのお家のファンキー!
    作業意欲がとてもあるので持ちネタもいっぱい。
    後のクレートに入るのはどこのイヌもすると思うのですが、ファンキーは「pull」で扉についてるノブを引っ張って自分で扉を閉めるのです。
    か、かわいすぎるっ。
    アベーラにも教えてみよう。。。む、むりかな。。


    ボビィが躾教室に通ってた頃に遊んだイヌ達は去ってしまい、いろーんな懐かしい話をしつつ、またもや延々と作ってもらっては日付が変わっても食べ続け、、、
    今日はちょっと胃が痛いです。


    恐がりなファンキーはアベーラの存在感だけで眠れなかったのですが、一日中起きてたのでついに膝掛けでくるんでやると寝たのでした。
    ひさしぶりに「てのかかる♂」にとっても癒されました。
    一般的にやっぱりオンナノコは生活力があり、オトコノコは手がかかるけど母性本能をくすぐりまくり(メンドクサイという意見もありますが)飼い主としては♂派♀派はけっこうハッキリ分かれると思いました。

    そして私はやっぱり♂派だと確信した夜でした。
    そして賢いけどマヌケなラブラドールが大好きだと思いました。

    人間同士というのは色々な事で関係が変化するというのは珍しい話ではないけれど、イヌとのつながりというのは、不変で不滅で愛情は年月の積み重ねと共に大きくなるばかりだという話をしました。
    これもボビさんに教えてもらった事の一つ。

    そういうイヌのような結婚生活ができるといいのになーとも思いました。



    おまけのモヒカンファンキー!
    sue * memo * 15:07 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

    1ヶ月

    0
       

      ボビさんが旅立って1ヶ月が過ぎました。
      (イヌblogは更新する気持ちがなかなかおきず、こっちに書いてしまいますが...)

      とりあえず動かなくちゃという気持ちで毎日過ごしている訳ですが、いろいろな感情がまだ自分の中で整理できず、本を読みました。

      上の二冊は以前読んだものですが、ボビィがいなくなって読んだ3冊の中で
      「ありがとう、また逢えるよね」の著者はお坊さん。
      感じていた罪悪感から解放されたような気分でした。

      「永遠の贈り物」はボビィに聞いてみたい事の答えがあるようで、これは動物を”家族”として考えて暮らしている方には非常に良い本だと思いました。
      アニマルコ ミュニケーションというものを「ん〜??」という気持ちで受け止める方も沢山いると思いますが、”家族”として暮らした人には必ず感じられる動物からのメッセージがあると思います。

      絵もとってもやわらかく、温かくて素敵です。

      この本の中に、オーストラリアのアボリジニの言葉がでてきます。
      ----------------------------------
      われわれはみな

      「今」「この地上」を訪れた旅人
      ただ通り過ぎていく者に過ぎない
      ここへきた目的は
      観察し学び成長し愛する事
      そののちふたたび家へ帰るのだ
      ----------------------------------
      動物達の世界観をとてもうまくまとめた言葉として紹介されています。
      動物や大地と非常に密接に波長を合わせて生きている彼らと動物はとても近くて、きっと大きな何かに繋がっているのを感じます。

      動物は人間よりも死を恐れてはおらず(魂があるから)むしろ残していく家族の心配をしているそうです。死んでも最後に残るものが魂であり、それこそが「自分を自分たらしめるもの」なのだと。純粋であるがゆえに、全てをまっすぐに受けとめるのでしょう。

      天から定められた寿命、「天寿」という言葉を知りましたが、ただ頭ではとても納得できる話だとおもってるのに、それが身近な人になると感情のほうが大きくなってなかなか受けとめ難いものです。でも、やっぱり、そういうものなのでしょう。。。
      ボビさんとのこの半年を繰り返し思った時、色々な面でボビさんの意思があったように思います。

      普段物欲にまみれてる私ですが、本当に大事な事って、そんなに多くないのだよと、ボビィと暮らして教えてもらったと思います。




      この本に登場する日本犬の伝えてくれた言葉です。
      ----------------------------------
      どんなに素晴らしい命にも、終わりの時はやってくる。
      美しい一日でも、必ず日没が訪れる。
      それが自然のなりゆきというものさ。
      だけど、僕の太陽は、必ずまた昇るだろう。
      ----------------------------------


      【13歳。2010/10/17撮影】
      やはりたまらなくなるのは、このアーモンド色の甘い瞳に逢えない事。
      もう写真が増えない事。
      sue * memo * 11:52 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

      ひたすら片付けるGW

      0

        ナチュラルカラーのバンクシア達です。
        後の2本はバンクシアメンジーシー
        前の1本はバンクシアバーディティー

        特徴的な形のお花が多いオーストラリアのワイルドフラワーですが、やっぱりバンクシアが私は大好きです。(^^)

        とうとう5月になりました。
        去年はボビさん達と六甲へハイキング!へ行ったことを思い出しながら、ひたすら片付けているGW。
        事態は悪化するばかりで、もうまっすぐ歩ける場所もないです。(;_;)

        sue * memo * 15:10 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

        不思議な夜

        0

          昨日お邪魔した友人宅にはボビさんもいつも一緒に行っていて(4週間前も一緒)悲しい時は甘いものを食べるのが一番!とお手製のプリンとかわいいドーム型のチーズケーキを用意してくれてました。(ありがとう!(;_;)

          そのお家にプードルのクーちゃんがいるのだけれど、ママ一筋タイプだし、いつもはボビさんがいるので私には寄ってこないというより、目を合わせる事があんまりない。。。のに!昨日はとても慰めるような視線で私をずっと見ていたのに皆も驚いていたのでした。
          もしかしてひょっとしてボビさんが見えてる??いるの??と思いつつ。。。

          夕食を食べながら話をしている最中に急に友達が「Σ(  ̄□ ̄;)」と驚き、確かに、ボビィの枯れた「ハゥッ」という咳き込むような声が聞こえたと言うのです。
          窓の外からでなく、いつもボビィが寝そべっていた場所から。はっきりと。
          ボビィは吠えないイヌだったので12歳あたりからたまーに出す声が既に枯れていて、時々まさにそういう、吠えたつもりが「ハゥッ」という咳き込むよう声を出す事がありました。

          そしてご飯を食べながらひとしきりみんなで泣いたのですが。。。なんか良い涙でした。
          沢山ボビィの話をしていたので、遊びに来たのかもしれません。
          そういえば、普段はまだまだ日常的にボビさんの話を避けている訳ですが、一緒に遊んだ友達と沢山ボビィの話をしてあげる事を、すっかり忘れていたなーと思いました。
          『ボビィ』と声に出して呼ぶ事もしていなかったなと。

          という事で、急にボビさんの友達に会いたくなったのでした。
          気候も良くなってきたので、ボビさんの代りに会いにいかなくては!

          ボビィに届くお花。
          時間差で届いたのでまだまだ、お花が一杯です。
          どうもありがとう!!
          sue * memo * 16:30 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

          Mother’s Day !

          0

            アッという間に4月が終わろうとしてますが、母の日に向けてあれこれ製作中。

            今日は今から友人宅でお食事会!
            いかに手早く見かけはゴージャスなお料理を作るのか!をいつも教えてもらいつつ。
            その隣では子供達が入れ替わり立ち替わりやってきては「オレやきそば食いたい」「ボク、オムライスでええわ」「やっぱり牛丼かな」などなどバラバラな事を言うのだけれど、『お母さん』は子供達のリクエストに応えて食堂みたいに何でも出すからビックリ。

            最近「家電は全部揃ってるけど腕は?」と痛い所を突かれたからリベンジするべく、勉強してきます。
            sue * memo * 17:40 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

            ボビィの旅立ち

            0


              朝、コーヒーを飲みながら今日すべき事を考える。
              ボビィと郵便局に行って、co-opによって…あぁ、co-opで買うのはやめて夕方あっちのお店に散歩がてらボビィを連れて行こう。あの距離なら歩くだろう。

              お天気が悪い日は仕事場に行かずに家でできないか考えたり、日中気温が上がるこの季節は車での移動も気を使う。
              お買いものもボビィが待ってるから急いで目的のものだけ探して買うのが普通になる。

              いつもボビィと行動を共にしたし、ボビィも何処へでも一緒に行きたがった。
              「いっちょかみ」で常に「みんなで一緒に!!」がモットーなボビさんは、何をしてても首をつっこんできた。

              13年半、そうして私の生活は全てボビィ中心に動いていたし、私と行動を共にできるイヌに育てた。遊びにいくのも旅行もランチも、友達とのおしゃべりの間も…いつも傍らにいた。

              そのボビィが旅立った。
              いつかはと覚悟しながら、ずっと想像することができなかった喪失感、脱力感。
              切なさで胸がいっぱいになる。

              ボビィは今をいきるために私の元に来て、一つの生を終え、どこかに旅立ったのだろう。

              そしてまたどこかで楽しい犬生、人生?をすごし、また旅立つのだろう。
              そんな永遠に続く生の一瞬を、私と楽しく過ごしてくれたのだろう。
              と、思う。

              また、、、会えるだろうか?


              イヌ友もイヌとは関係ない場所でも、普通にいつも当たり前のようにボビィを受け入れ、一緒に遊んで下さり、また心配下さりありがとうございました。
              いつもウキウキしていたボビィを憶えていて下さいね。


              【10歳のボビィ】
              sue * memo * 14:19 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

              リセット!

              0

                《同じピンク系ですが、左側のハッキリしたピンクはお見舞い用、右側のベビーピンクは卒業のお祝い用となりました》

                先週末。
                それぞれに家事、仕事終了後の午後9時半に集合してから5時間!
                夜更けまでしゃべり倒してスッキリ!
                「毋の顔」「親の顔」「子供の顔」「仕事の顔」「妻の顔...」←これはあんまり皆ないかも(^^;

                日々いろいろな立場で「はぁ??」と思いつつ言いたい事を胸におさめる場面も沢山。
                溜まった鬱憤は定期的に抜かないとバランスが悪くなりますよね。
                共通の心配事はやっぱり原発の行方でしたが、色々と共感しあえる友達がいるのは年を重ねる程にありがたいと思います。
                とーーーっても楽しいひとときでしたが、関西のオバちゃん達の会話は書けません。。。

                さて、とにかく!リセットできたので4月も頑張りましょう!
                sue * memo * 17:05 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                花粉症

                0

                  今年も花粉症の季節到来。
                  震災の春に大量に俟ったアスベストで、私の抗体許容量はアッサリギブアップ。
                  以来チーム花粉症です。。。

                  今日はかなり花粉飛散量が多かったらしく(私も起きた瞬間に激しく反応しました(T_T))気象庁には「黄色い粉のようなものがうっすらつもっている(放射性物質ではないのか?!)」という問い合わせが多数来ていたというニュースを読み、吹いてしまいました。
                  。。。放射線はみえませんから。(-_-;

                  でもそれだけパニックになってるという事なんでしょう。。

                  見えないだけにわからないでもないし、怖いのは当然なんだけれども...
                  最近は非常に便利でもあるネットで間違った情報伝達の早さにも怖さを感じます。
                  こんな時こそ情報は色々と集めて取捨選択する能力を発揮しなくてはいけないですね。と、いいつつ、自分の聞きたいものを求めてしまうのですが...。

                  とにかく命がけで原発の作業にあたる方々の無事と、なんとか終息に向かう事を毎日毎日願うばかりです。
                   
                  sue * memo * 17:42 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

                  リボン

                  0

                    なんとなくだけれど、リボンを付けるよりもナチュラルなままの方が好きかな〜と、自分で思っていたけれど、先月シェラトンカップに作品を出す時、東京のVERDE先生からリボンなどの効果的な使い方を色々とアドバイスを頂いたので、もっと取り入れてみたいなと考えているところ。

                    もともと付属としてレースやリボンを買うのは好きなので、雑貨屋さんや生地屋さんで集めたものはあったりします。。。ビーズなんかも色々と。。。。毛糸もあれこれ。。。。。生地はどっさりと。。。。。。。。。。。。。

                    そうやって私の荷物は手に負えない状態になりました。orz

                    「またいつか使うかもしれない道具」
                    「 またいつか着る
                    かもしれない服」
                    「またいつか・・・・・」
                    こんなものを妻はガラクタと呼ぶ。。。


                    ホントに耳が痛いCMです。
                    「断捨離」頑張らなくては!
                    もう3月の後半だ!!!!!
                    sue * memo * 15:15 * comments(2) * trackbacks(0) * - -

                    『働いて、稼いで、支援する』

                    0
                       
                      東北の地震後からtwitterではニュースを中心に色々な情報が流れていたけれど、こんな言葉が流れて来た。

                      「今日の日本は負傷した人間だ。負傷した組織や器官や血管や神経を速やかに回復させるには、損傷していない部位が健康であり続ける必要がある。出勤し、通学し、仕事と勉強を続けよう。いつもと同じ日常を続けよう。私達の日常が非日常を日常に戻していく事を信じよう。@takamikazuyuki」


                      とても共感した言葉でした。
                      そう、「働いて稼いで支援する」
                      震災の時、皆が大変な状況なりながらも、なんとか通勤、通学し、次々とお店を開けて、夫々が日常を頑張る姿に一番力づけられました。
                      東北の方々が少しずつ日常を取り戻せる様、私も自分の日常を頑張ろう。
                      sue * memo * 17:57 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
                      このページの先頭へ